« ラーメンスクエア(二周目)まとめ | トップページ | プラネタリウムと地震 »

2005.07.23

スーパータンジェント君のその後


先週買ったSuper Tangent 1GBモデルだが、ストラップをつける穴が、USB側についているのが気に入らない。

ネックストラップで首にかけると、スーパータンジェントが逆さま(しかも首吊りしてるみたいにやや斜め)になってしまうのだ。

ストラップの穴は、やはりイヤホン側に欲しい。

そこで、iPod shuffle用のケースを買ってきた。

iPod shuffleよりもSuper Tangentはやや厚みがあるので、多少キツキツになることはわかっている。でもシリコン製のような柔らかいタイプのケースなら、多少は伸びるので使えるだろう。

で、買ってきたのはmatheyというブランドのケース。

思ってたとおり、やはりキツイな。

無理やり突っ込んでみたら、入った。→

表から見ると、そうでもないが、裏側はキツキツなので穴が伸びて歪んでいる・・・。

でも、これでストラップ用の穴がイヤホン側にできたので安心して首にかけられるね。

|

« ラーメンスクエア(二周目)まとめ | トップページ | プラネタリウムと地震 »

テクノロジ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68886/5099511

この記事へのトラックバック一覧です: スーパータンジェント君のその後:

« ラーメンスクエア(二周目)まとめ | トップページ | プラネタリウムと地震 »