« こどもびいる黒 | トップページ | 蒙古タンメン中本/蒙古タンメン »

2006.06.01

21世紀の扇風機事情

扇風機が壊れていた。

もう10年以上も前の話になるが、捨てるって言ってた扇風機をもらってきて使っていた。
もらう前に何年使っていたのかはわからないけれど、さすがにもう寿命だったんだと思う。

2年くらい前から、スイッチを押してもプロペラが回らなくなっていた。扇風機としては致命的である。それでも、網の間から指を突っ込んで、プロペラを突付いて勢いをつけてやると、なんとか回ってくれていたので、それで使っていた。
でもよくよく考えたら、電圧をモーターにかけて回らないままうっかり放っておいて、下手に火事とかになっても困るので、やはり使うのをやめて捨て、新しい扇風機を買うことにした。

---

扇風機と言うのは、皆さんご存知の通り、基本的にプロペラとモーターとスイッチでできた単純な機械である。技術的には非常に枯れている。
どれも大差ないだろうから、見た目で適当に選べばいいんじゃないか。一瞬そう思ったが、1月に買った炊飯器のことを思い出し、ひょっとしたら超音波で涼しくなるとか、未来的な機能が搭載されているのがあるかもしれない。

果たして、電気屋に行ってみたら……
さすがに超音波はなかったが、未来的なのがありましたよ。マイナスイオンが出るとかいうやつ(笑)
あと、プロペラにホコリが付きにくいとか。

なるほど。そういうふうに進化してるのだね、扇風機は。

でも、見た感じ今ひとつピンとこなかったので、数店電気屋を周って、結局買ったのはこんなやつ。

C180601

逆ですな。全然未来的じゃない。
プロペラなんか鉄板だし。スイッチはボタンじゃなくてレバーだし。
当然、マイナスイオンもホコリ防止も付いていない。

でもいいんです。気に入って買ったんだから。

|

« こどもびいる黒 | トップページ | 蒙古タンメン中本/蒙古タンメン »

テクノロジ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68886/10356043

この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀の扇風機事情:

« こどもびいる黒 | トップページ | 蒙古タンメン中本/蒙古タンメン »