« バラ科のお菓子 | トップページ | 10月の総集編 »

2009.11.07

ベゼル問題(その2)

C211107

先日の話の続き。
早速、メーカーにメールで取替え用のトレイパネルを注文したところ、今日それが郵送で届いた。
これで試してみてダメなら、トレイパネルなしのむき出しの状態で使うしかない。

C211107d

上が最初から付いているパネル。下が今日届いたもの。光の加減か表面加工の違いか、ちょっと色合いが違うが、DVDのマークとかが印刷ではなくエンボスだったりして、これはこれで高級感ある感じ。

どちらのトレイパネルにも、裏側に細いスポンジがぐるりと付いていて、閉扉した時に本体との隙間を埋めて密閉することで、トレイを安定させると同時に、静音性能を上げるようになっている。
やはりできることなら使いたい。

C211107b
(交換前)

C211107c
(交換後)

交換作業は、本体からドライブを外した状態で行えと、交換マニュアルにあったが、面倒なのでそのままやった。その分、丁寧に慎重にやってうまくいったが、よい子は真似しないように。


Loading the player ...

御覧の通り、無事、開閉できるようになったよ。
DVDを一本見たが、なるほどけっこう静かだ。前のは、ブインブインいわしてたから気になってた。

今後、IDE接続(ATAPI)のDVDドライブなんて出ないだろうから、これが最終型になるのかな。これが壊れたら・・・もう終わりだ。パソコン買い替えだな。

|

« バラ科のお菓子 | トップページ | 10月の総集編 »

テクノロジ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68886/46701704

この記事へのトラックバック一覧です: ベゼル問題(その2):

« バラ科のお菓子 | トップページ | 10月の総集編 »