« @那覇(1日目) | トップページ | りっかりっかの湯(見破られ篇) »

2010.01.28

宮古そばどらえもん/どらえもんそば

(1/28)

気流のせいで飛行機が遅れたっていうか、サービスで長めに乗せてくれたおかげで、宿に着いたのが夕方4時頃。
かなり遅くなったが、昼ごはんを食べに外に出る。

国際通りに変な名前の宮古そばの店があったので、気になって行ってみた。
「宮古そば どらえもん」という店。

行ってみると、特にドラえもんグッヅがいっぱい置いてあるとかそんなことは無くて、普通のソバ屋。

C220128h

これが「どらえもんそば」。
かまぼこ、三枚肉、テビチ、ソーキが乗った、いわゆる全部乗せ。

テビチは指が欠けていたという理由で、2個乗せたというようなことを、後でお勘定のときに言っていた。これはむしろラッキーだったんじゃないか?

味は、割と薄味。これだけゴツイ肉だと、こってりした味付けがされていそうなものだが、かなりさっぱりと食べられる。
肉というよりプロテインと言った方がよさそうな感じだ。

C220128i

麺はうどんみたいとまでは言わないが、太くてコシがある。

---

夕方4時半という変な時間帯だったからかお店はガラ空きで、店内にいるのは私と爺さんと孫の二人連れがいるのみ。いや、当初はその爺さんと孫は客だと思ったんだけど。

注文してしばらくすると、その一組の客の方からパチン、パチンと音がする。よく見たら、爪切りで爺さんが孫の手の爪を切ってやっているようだった。どうもお客ではなくて、お店のご家族の方らしいw

そう納得して見ていると、爺さんは爪切りをお店のおばぁに返し、出てきたヤキソバなどを普通に食べていた。

やっぱりお客だった…。w

|

« @那覇(1日目) | トップページ | りっかりっかの湯(見破られ篇) »

そば」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68886/47469911

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古そばどらえもん/どらえもんそば:

« @那覇(1日目) | トップページ | りっかりっかの湯(見破られ篇) »