« Suica's Penguin Choco Crunch | トップページ | Potato Butter Tree »

2011.03.06

しゅるれありすむと、とびきりキュートなパリの住人

この土日は天気良かった。やっぱし出掛けないともったいない。

C230306

今日は国立新美術館で開催中の「シュルリアリスム展」を見に行く。

http://www.sur2011.jp/

フランスのポンピドゥー・センターのコレクションの中から、シュルリアリスム作品約170点を借りてきて展示するという、もの凄い展覧会。

んで、見てきた感想だが…………
3分の2くらいは、意味が分からなかったっすね。w
じゃぁ、残りの3分の1は意味がわかったのかというと、それも怪しいのだが。

上写真、シュルリアリスム展のアイコンとして使われている絵は、ルネ・マグリットの≪秘密の分身≫という作品。コピーロボット的なことなのかなーとちょっと思ったが、解説を聞くと、体の中にいくつもぶら下がってる丸いものは、鈴らしい。なんで鈴なのか。

あと、女体を描いてるもの、やっぱり多かったっすね。女体好きだっていうのはわかるが(笑)、ただ極端にデフォルメされていて、セクシーさは皆無だったり。

中で見て一番面白かったのは、「甘美な死骸」という遊び。
紙を横に4つに折って、4人がそれぞれ他の人が書いた部分を見えないようにして各パートの絵を描いて、最後に折り目を広げて皆で喜ぶという、一種の暇つぶし。
つまり、「いつ、どこで、だれが、何した」という遊びの絵画版。
一応絵が繋がるように、折り目のところから隣のパートへちょっとはみ出すように線を引くのがコツみたいだ。

--- ---

C230306b

さて「とびきりキュートなパリの住人」というのは、リサとガスパールのこと。
リサが、ポンピドゥー・センターにこっそり住んでいるという設定から、この展覧会のPRに担ぎ出されたようだ。

写真は、「ガスパールのダブルエスプレッソラテ」。1階のカフェにて。
(これ以外に「リサのラズベリーラテ」というのもある)

C230306c

お盆に敷いてくれたペーパーのイラストが、これまたかわいい。

--- ---

リサとガスパールのしゅるれありすむ入門

|

« Suica's Penguin Choco Crunch | トップページ | Potato Butter Tree »

博物館・美術館」カテゴリの記事

飲み物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68886/51052403

この記事へのトラックバック一覧です: しゅるれありすむと、とびきりキュートなパリの住人:

« Suica's Penguin Choco Crunch | トップページ | Potato Butter Tree »