« 昭和90年へタイムスリップ! | トップページ | 本当は恐竜愛まで描いている »

2015.10.19

アーヘンノービスのプリンティン

C271019

半月くらい前に、「アーヘンノービスのプリンティン MIKADO味」というものが、メモと共に郵便で届いた。
M先輩の奥さんが、ドイツに行ってきたそうで、そのお土産として頂いたものだ。

そのお礼のご挨拶とともに、プラス、食べてみた感想などを書いてみたいと思う。

C271019b

プリンティンって何だろう?

食べる前にラベルをチェック。目についた単語をぐぐってみる。

Aachenerというのは………Aachenはドイツの都市なので、+ er でアーヘン人という意味で良いだろうか。

C271019c

パッケージ底面のラベルの、メーカー所在地の記載はAachen(アーヘン)となってる。

そして、Weichprintenというのは………Printenの柔らかいタイプのものを指すらしい。

ってか、結局Printenって何だよ。

C271019d

検索してはいけないらしい。なんだこれ。(笑)


メーカーのサイト発見。
www.nobis-printen.de

ドイツ語なので厳しいが、なんとかこの商品を探してみよう。

そしてOnline-ShopにMIKADOを発見。
このページの上から3分の2付近

そこに書いてある説明をそのままGoogle翻訳に突っ込む。

Stabförmige Kräuter-Printe mit Edelzartbitter-Schokolade umhüllt und Rosa Pfeffer verfeinert.

  ↓

洗練された包まれた貴重なダークチョコレートとピンクペッパーと棒状のハーブPrinte。

チョコとピンクペッパーは解った。

で、Printeって一体何よ。(笑)


C271019e

開封の儀。

けっこう折れちゃってるんだけど、数本はきれいな状態。
ピンクペッパーはチョコとあまり馴染まないのか、かなり取れてしまってる。

C271019f

サクッとした歯応えを、無意識のうちに期待していたが、その期待を裏切るグニッとした柔らかさ。
そいうえばこれはPrintenの柔らかいタイプだったっけ。(笑)

概ねチョコレートで甘いんだけど、粒のピンクペッパーが歯に触れると、そこから目が覚めるような強い胡椒の風味がピリッと来て、味覚を鋭敏にする。

うーむ、ドイツ人はこういうのが好みなのか。
これ…日本ではあまりウケないかな。

私的にはジンジャーナッツ(イギリスの生姜風味クッキー)のような甘辛のお菓子が好きなので、コレも結構食べられる。

で、これで、なぜミカド(帝?)なのかは、全くわからず。




追記(10/20)

「プリンティン」ではなく、「プリンテン」で検索すればいろいろ引っかかるみたいだ。

読むと全般的に、「名物に旨い物なし」とか、「特別美味しいわけではない気がします」、「食べると中世の味がします」、「独特の味がする」、「独特の風味」などなど、皆さん軽く気遣いながら、ディスってますな。(笑)

今、プリンテンを食べながらコレ書いてますが、日本人の口がスパイスに慣れていないというだけで、慣れれば意外とみんな食うんじゃないかと思う。
生八つ橋をニッキで味付けしてたりする訳だから。

|

« 昭和90年へタイムスリップ! | トップページ | 本当は恐竜愛まで描いている »

お菓子」カテゴリの記事

もらいもの」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68886/62510407

この記事へのトラックバック一覧です: アーヘンノービスのプリンティン:

« 昭和90年へタイムスリップ! | トップページ | 本当は恐竜愛まで描いている »