« 夏のお買い物 | トップページ | 参宮!あわびごはん »

2017.07.05

キャパシタ問題

C290704

なんか今更っていうか、それでもやっぱり嬉しいんだけれど、例のキャパシタ問題の解決方法が分かった。

バッテリー交換の度に、デジカメの日時の設定が初期値に戻ってしまう問題。

てっきり、内臓のキャパシタ電池が劣化して充電できなくなっていると思い込んでいた。
S〇N▽タイマーかよって思ってた。

そうではなかったのだ。

C290704b

何気なしに2ちゃんねるを見ていたら、そこに解決方法が書き込まれていた。

結論から言うとこうである。

・バッテリーからキャパシタへの充電は主電源がONになっていないとされない。

・だから、バッテリー交換の前に3分程度電源を入れっぱなしにした後、交換すれば日時設定は飛ばない。

バッテリーが切れたから交換しようとしてるのに、バッテリー交換の前に電源を入れっぱにしておけっていうのは、無理難題ではある。(笑)
でも、理屈はわかるので、どうすればいいかは分かるよね。

C290704c

PENTAX Qは基板交換してしまったのでもう検証できない。そこで同じ症状になってるK-30で試してみた。

バッテリーを入れ電源をONにして、日時をセット。
どのくらいの時間でキャパシタが満充電になるかよくわからないが、オートパワーオフをOFF設定にして電源ONのまま、とりあえず1時間ほど放置した。

直った。直ったよ。
バッテリー抜いて数分置いても日時が飛ばなくなった。

なんだそりゃ。

バッテリーを入れておけば、電源をONにしていなくても日時が保持されているので、てっきりその時点でキャパシタは常に満充電の状態にあると思い込んでいたよ。


取説をもう一回読み直してみた。
しかし、「長時間バッテリーをセットしていないと、日時がリセットされることがある」という記述はあるが(P45)、「バッテリーをセットしていても、電源を長時間入れた状態にしておかないと、日時がリセットされることがある」という記述はない。

まぁね。撮影しても、バッテリーがモッタイナイと思って頻繁に電源を切る私のような貧乏くさいエコ意識の高い人じゃないと、この症状は出ないのかも知れない。

だとすると、Qの基板交換って一体何だったのよ。


もちろん一回試しただけなので、またすぐに元の木阿弥になる可能性はある。
K-30の場合はバッテリーを抜いて10ヶ月放置してあった訳だから、実は長時間キャパシタを空にして休ませたお陰で一時的に直っただけとか、可能性あるからね。

しばらくの検証は必要だと思う。

*** 過去記事 ***
2014.01.28 たかがメインカメラをやられただけだ
2014.02.09 Q復活
2016.09.06 カメラ更新(K-70)

|

« 夏のお買い物 | トップページ | 参宮!あわびごはん »

テクノロジ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68886/65494853

この記事へのトラックバック一覧です: キャパシタ問題:

« 夏のお買い物 | トップページ | 参宮!あわびごはん »