« KO駅弁2018(その7) | トップページ | 2022第4章 »

2018.01.21

KO駅弁2018(その8)

C300121i

13個目 カジキソースカツ丼(いわき)

輸送駅弁のコーナーに並んでいる時、チラシをじっくり見ていて良さそうだなと思って、探して一個購入。

C300121j

上に乗ってるのがカジキのカツ。味付けはウスターソース。下に敷いてあるのはキャベツのオリーブオイル和え。

C300121k

カツの薄さが……見た感じ、千葉のとんかつ弁当を彷彿とさせるね。(笑)

この薄さでもかなりガッシリとした歯ごたえ。
原材料欄を見ると、「カジキフライ」とはなってるけど、この歯応えはまさしく「カツ」と呼ぶに相応しい。

ご飯がやや硬くなっていたが、そこは止むを得ないところか。だってカツ丼のごはんに味を付けるわけにいかないしねぇ。

で、これで880円は安い。


C300121l

14個目 ひつまぶし弁当(名古屋)

今回のトリは鰻。
松浦商店という名古屋の老舗の弁当屋さんの弁当。

おひつ型のパッケージはなかなか興味をそそるよね。

C300121m

蓋を開けると、中蓋があって、その上に出汁、海苔、わさび、山椒が付属。
そしてひつまぶしの食べ方3ステップの解説があった。

弁当なので温かくはできないが、本当のひつまぶしと同じ食べ方で食べろってことだ。なるほど、なるほど。

C300121n

漬物(守口漬)が横転してた。(笑)
錦糸玉子の下のごはんは、蒲焼のタレの炊き込みご飯になっている。

鰻だけでちょっと味見して、海苔、わさび、山椒を全部乗っけて食べる。
わさびの辛みを効かせて食べると、これがなかなか美味い。

出汁をジャバジャバかけた「お茶漬け」が好きなので、それも楽しみしていたが、実際出汁をかけてみるとご飯に染み込んで終わり。全然出汁が足りなかった。




今期のKO駅弁2018はこれで終わり。食った弁当14個。食いすぎである。

C300120k

crown Kahou Award

さて、今期のkahou賞は鰊親子で。
でっかい数の子、そしてカボチャが美味かったなぁ。

|

« KO駅弁2018(その7) | トップページ | 2022第4章 »

お食事」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68886/66306596

この記事へのトラックバック一覧です: KO駅弁2018(その8):

« KO駅弁2018(その7) | トップページ | 2022第4章 »