« CP+ and SHARK'S FIN(その1) | トップページ | まさかの英国デビュー?(但し、指だけ) »

2018.03.05

CP+ and SHARK'S FIN(その2)

C300303g

SHARK'S FINというのは、フカヒレの事っス。


毎度の事ながら横浜まで行ったんなら、中華街に行かない手はない訳で、当然のように晩飯は中華街で食べたい。
今回はM先輩夫妻に付き合って貰うことにした。ホント、呼び付けてしまって申し訳ない。
大きな店って一人じゃ入りにくいんだよね。コースとかだと「2人から」って書いてあるし。

何を食べようかとか全く考えておらず、特に下調べも何もしてなくて、中華街をやや徘徊。
最終的にフカヒレを食べようと決めて、オモテのメニュー看板だけ見てお店に入った。

ちなみにどの店に入ったのかは、写真を見て判断してください。わかんないだろうけど。
後でGoogle Mapの評価見たら、けっこう低かったわ…(笑)


頼んだのは上写真のコースとお茶。烏龍茶をホットで…の注文に対し、店員は烏龍茶をポットで…って言ってた。結果オーライ。

C300303g1

1 気仙沼産特上フカヒレ煮コゴリ入り前菜の盛り合わせ

コーヒーフレッシュの容器を伏せたみたいな形のものが煮凝り。
叉焼とクラゲが美味しかった。

C300303g7

7 特上フカヒレカボチャの蒸し餃子

メニューの表記上、順番がおかしいのだが、ここで蒸し餃子登場。
画像では分かりにくいが、フカヒレがトッピングされている。

C300303g2

2 特上フカヒレたっぷり入りカニ肉スープ

フカヒレも入ってるが、カニ肉もたっぷり入り。


ここで次が出てくるまで10分くらい間が空いた。
スープ・前菜グループ終了、いよいよメインへって感じか。

C300303g6

6 特上フカヒレ、国産椎茸づめ手羽先揚げ

画像では解り辛いが、手羽先にフカヒレ&椎茸の餡が綺麗に詰められていて、強い味付けでもなく、漢方薬っぽい香りもフワリとして、美味しい。毎日でも食える。

ところで、やっぱメニューの番号は、出てくる順番ではないのね。

C300303g5

5 気仙沼産特上フカヒレ姿カニ卵あんかけ

でた!姿煮。やや小振りな気がするが良いものなんだろう。気仙沼産だし。

C300303g4

4 特上フカヒレのせ車えびのチリソース

車えびっすよ。大きくて歯ごたえプリプリ。食い応え充分。早い話が「エビチリ」だが、食べてみて
エビチリ
って感じだった。

C300303g3

3 特上フカヒレと野菜と玉子炒めのかごもり

これも、画像では解りにくい。3つのカゴに野菜炒めがゴチャッと載っている感じがするが、ちゃんと分かれている。野菜炒めは青椒肉絲っぽい味付け。玉子炒めなのだが、私の食べたカゴには玉子が入っていなかった。(笑)

C300303g8

8 特上フカヒレのスープチャーハン

中央の炒飯は割りと普通っぽいものの、ダシの効いたスープと一緒にシャバシャバ食べると美味しい。


炭水化物が出たら、次は最後のデザート。

C300303g9

9 特上フカヒレのハチミツ漬けかけアンニンプリン

何の香りかは分からないが、独特な香りが付いていて、ちょっと違和感を感じた。私ら中華の専門家でも何でもないので、こういうのがあるって言うのを知らないだけなんだろうけど。
いやぁ、それにしても、同じ杏仁とは言え、フルーツポンチみたいなあの杏仁豆腐以外のデザートを食べたのは初めてかも。


概ね満足。そして充分フカヒレを頂いた。
これで暫くはフカヒレ食べなくても大丈夫かな。

(でも去年ふるさと納税でもらったふかひれスープの在庫がまだ少しある)


C300303z

デザートその2、亀ゼリーこと亀苓膏。
食べたの、10年ぶりくらいかな。
M先輩に帰り際に買っていただいた。いろいろご馳走様です。

|

« CP+ and SHARK'S FIN(その1) | トップページ | まさかの英国デビュー?(但し、指だけ) »

お食事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68886/66461437

この記事へのトラックバック一覧です: CP+ and SHARK'S FIN(その2):

« CP+ and SHARK'S FIN(その1) | トップページ | まさかの英国デビュー?(但し、指だけ) »