« Suicaのペンギンパンケーキ | トップページ | CP+ and SHARK'S FIN(その1) »

2018.03.01

想い出

C300301

オリンピック中継を見ていて、脈略もなく急に思い出したことがあったので書く。
かれこれ、15年くらい前の古い話だ。


とある、日帰り温泉施設に行った時の事。
韓国式アカスリのサービスがあったので、申し込んだ。

C300301b

浴場に入り、しばらく湯船に浸かっていたが、飽きたので予約時間よりも10分位早かったがアカスリコーナーに行ってみた。

そこには水着を着た小太りの韓国人のおばちゃんが一人いた。
「ちょっと早いけどいい?」って聞くと、「イイヨ」って回答。

指示されて、ベッド(っていうか、台だ)に仰向きに寝て、さあいよいよ始めようとしたその瞬間、アカスリコーナーにもう一人、中年男が入ってきた。

「予約時間なんだけど」

どうも話を聞くと、韓国人のおばちゃんは、彼の予約時間に合わせてスタンバイしていたようで、私がその微妙なタイミングで来たために、間違ってしまったらしい。

「コッチ始めちゃったし、もうひとりすぐ来るからマッテテヨー」

中年男は、少し躊躇したようだったが、こう言った。

「俺が先に予約したんだから、俺をやってよ」

おばちゃんに「ゴメンネー、降りてもらってイイカ?」と言われ、私はベッドを降りて部屋の隅の方に移動した。
私のせいでこうなったんだし、そもそも私の予約時間はまだ何分か後なので、私自身そうすることに依存はない。

おばちゃんは、中年男に私が寝ていたベッドに寝るよう指示した。

「いや、こっちじゃなくて、そっちのベッドがいい」

私が裸で寝ていたベッドに、一度水を流すでもなくそのまま寝ろって言う訳だから、そりゃ嫌だろと私も思う。

そいつじゃなくて俺を先にやれ、こっちじゃなくてそっちのベッドでやれ…と、中年男の我儘放題を感じさせる言動で、嫌な空気感になっていた。実際は我儘ではなく正論なんだけどね。
私はなんか悪い事しちゃったなーと思いつつ、そのまま静観していた。

で、やっと中年男がその綺麗な方のベッドに寝て、アカスリを始めようとしたその瞬間、もうひとりの係の人が、アカスリコーナーに入ってきた。

若くてシュッとした、水着姿の韓国美人の女性。

中年男は、しまったぁぁぁぁぁ…!って顔をした。

C300301c

今になって思い返しても、あの時は本当に申し訳ない事をしたと思う。

|

« Suicaのペンギンパンケーキ | トップページ | CP+ and SHARK'S FIN(その1) »

雑記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68886/66445749

この記事へのトラックバック一覧です: 想い出:

« Suicaのペンギンパンケーキ | トップページ | CP+ and SHARK'S FIN(その1) »