« エルダーフラワーとルバーブ | トップページ | シンガポールみやげ »

2018.08.18

キングコングといつもの格安な買い物

C300818

「キングコング髑髏島の巨神」(右下)

アマゾンでブルーレイ纏め買いである。

たぶん、ネット配信で見た方が安いんだろうけど、古い人間なのでやっぱり媒体で買ってコレクションしておきたいんだよね。
ちょっと古めの映画……と言っても公開から1年くらいのものだが、それで1枚1,400円とか1,500円で買えてしまうのはいい。

アベンジャーズは2枚組なので全部で5枚あるが、そのうち3枚は映画館で一度見ている。
今日はまだ見ていない「キングコング髑髏島の巨神」を見る。


この映画、語ろうとしていることがちょっと深いな。アメリカ映画にしてはだが。

テーマは劇中で出てきた「敵と言うのは、探し求めない限り存在しないのかも知れない」というセリフがまさにそうだろう。誰のセリフだったかは覚えていないが…。
コンラッドをイギリス人であるという設定にして、アメリカ人に誤りを客観的に指摘したり、時には同調し解決を図ったりするという立ち位置になっているのだが、このセリフ、コンラッドに言わせるべきだったのでは?とチョット思う。

サブテーマとして「何でも武力で制圧できるという人間の思い上がりこそが真の怪物」、「目的を見誤った無駄な戦いで人命が失われて行くこと」だろうか。
それがベトナム戦争の事だとは直接は言わないのだが、パッカード大佐とキングコングとの闘いでそう表現されちゃってる訳だ。またこの人(サミュエル)が出てくるのかと正直思ったが、この役柄はサミュエルでなければできないのかも知れない。

キングコング、まさにこの映画の主役であるが、旧作のオマージュに満ちた絵作りにちょっと感激した。鎖が絡まって動けなくなってしまうシーンとか、ウィーバーを手のひらに乗せて救うシーンとか良い。
中でもストーリーに全く関係なく唐突に大ダコに絡みつかれて戦うシーンが出てきたりとかすごく良い。監督がやってみたかったのだろうけど。

(以下箇条書き)

・最初に「モナーク」とか言っていたが何だか聞き覚えがある単語。なんだっけ?

・グンペイ……劇中に出てくる唯一の日本人。殺さないで何らかの形で生かしておいて欲しかった。でもそれではマーロウ中尉の存在感が薄れてしまうかな。

・チャップマン少佐が、視聴者(この映画の観客)の分身のような役柄なのかと思っていたが、割とあっさり食べられてしまい、あれっ?と思った。

・大バッファローが可愛い。ヘリコプターの下になって動けなくなってるとか、可愛すぎ。

・スカルクローラーが気持ち悪くて良い。見たこともない生物…いや、見覚えがあるぞ。
ハリーポッターのヴォルデモートみたいな顔つき。全く関係ないけど。

・問題はリンだ。中国人という設定なのだろうか?
ヒロインとしてはウィーバーがいるので、ヒロインという役回りではない。途中何回か出てはくるが、さほど活躍しない。ラスト近くで船の先端の機関銃を撃つだけで、コレもさほど重要な役ではない。なのにやけに目立つ。何なんだろ……。

・最後、マーロウ中尉の家族の再会シーンが良かった。奥さんがお盆を落とすとか、冷静に考えればくさい演技なんだけど、感激的なすごく自然な仕上がり。息子のキョトンとした感じも良かった。

で、これで終わりなの?これで本当に終わりなの?ウィーバーがフィルムを捨てるシーンとかないの?と思ったのだが…………エンドロール後があった。

エンドロールの後のひとくさり。
日本地図や、モスラやキングギドラっぽい壁画が出てきて、なにこれって思っていたが、最後にゴジラの鳴き声で終って、爆笑した。

今調べてみたら「Godzilla: King of Monsters」という映画が2019年公開予定。しかもそれにはゴジラ、ラドン、モスラ、キングギドラが登場するらしい。
さらに2020年に「Godzilla vs. Kong」公開予定とな。
まさかその予告編を兼ねていたとは。

モンスターバースなどと言うシリーズになってるなんて全く知らなかった。アベンジャーズと同じ手口かよ。

そういや「モナーク」ってアメリカ版「GODZILLA」に出てきたじゃん。
これで、リンの役回りが分かった。後の映画に繋げるためだったんだ。ブルックスもね。


C300818b

先週行った松坂屋上野店の「食品大特価市・食品ギフト解体セール」で買ったものが届いた。やっぱ配送頼むと楽だわ。(笑)

今回から、配送料が648円に値上げされていたが、3,000円位の高級素麺を1,620円で買えたので、それで充分って計算をした。

・AGFファミリー飲料ギフト
・泉屋東京店 フルーツデザート
・五島軒 濃厚ベルギーチョコレートムース(バラで)
・金太洋 つぶオレンジみかん
・まぐろ醤油煮鰹節入
・シンガポールマーライオンクッキー
・スナッキーチーズ&スパイシー
・スナッキーミックスナッツ
・蔵囲三輪素麺
・にんべん あさり炊き込みご飯の素
・HOTEi ふかひれスープ

一番の突っ込み処は「マーライオンクッキー」だろう。
1箱250円だって言うので2箱買った。定価は不明。
カイシャに持って行って、夏休みのお土産だとか言ってばら撒こうか。(笑)

|

« エルダーフラワーとルバーブ | トップページ | シンガポールみやげ »

映画」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68886/67071470

この記事へのトラックバック一覧です: キングコングといつもの格安な買い物:

« エルダーフラワーとルバーブ | トップページ | シンガポールみやげ »