« @麗しの島・台湾(2日目その1) | トップページ | @麗しの島・台湾(3日目その1) »

2019.01.17

@麗しの島・台湾(2日目その2)

(1月12日)

C310112q

ホテルに戻って、その後行ったお店のお食事が印象的だったので、特筆しておきたい。
天香楼。台湾では珍しい杭州料理のお店。

ツアーに組み込まれていたクーポンを使用した食事であるので、正直あまり期待していなかったが、どの料理も美味しく、期待を逆方向にとんでもなく裏切られた。

C310112r0

前菜盛り合わせ

C310112r1

川エビの龍井茶葉炒め
海老がプリップリ。味付けも体に馴染む。

C310112r2

杭州風白身魚入りとろみスープ
柔らかい口当たりだが、中に入っているたくさんの食材が様々な食感を感じさせ、とても美味しい。

C310112r3

揚げた鶏肉の青唐辛子炒め
コレも美味かったなぁ。

C310112r4

ウナギの揚げ物の甘酢ダレ添え
味も食感も良く、香りも香ばしく、ホント美味しい。

C310112r5

杭州風豚肉の角煮、白ご飯付き。
大御所登場である。肉を先に食べ、ご飯に残ったスープをぶっ掛けて食べるものだそうだが、肉を崩してご飯に載せて、豚角煮丼にして食べた。
結果、ご飯が足りなくなった。

C310112r6

しかし故宮で会えなかった豚角煮に、こんなところで出会うとは。

画像には撮らなかったが、サイドに3種類の漬物が置かれていたのだが、コレもなかなかの美味しさだった。
杭州料理って、日本人の味覚にピッタリ合うんじゃなかろうか。

そしてこの後、果物とデザート。

C310112r7

季節の果物盛り合わせ
スイカが季節の果物とは…さすが台湾。

C310112r8

キンモクセイとごま団子の甘酒スイートスープ
杏仁豆腐でないデザートは初めてかも知れん。

終了。

で、持たせてくれたお土産が凄いのだ。こんなの初めてである。

C310112s

話は戻るが、最初にお茶を注文して、前菜が出たすぐあと、お店の人がコレを両手の上に広げた状態で運んできた。
「本日のメニューになります、記念にお持ち帰りください…」と。

ま、巻物!?(笑)

「龍井蝦仁」以後は、この「杭州美饌」メニューと見比べながらの食事。

最後にはシェフが挨拶に来るし……。びっくりだわ。

ホント、心に残る食事になった。
後で調べて知ったが、さすがのミシュラン一つ星だった。

しっかし巻物とは……このまま我が家の家宝にします。(爆)




2日目購入したもの

C310112v

國立故宮博物院にて購入

・故宮経典文物郵票(郵便切手)
記念の消印が押された封筒をオマケでくれた。
・「翠玉白菜」と「肉形石」のストラップのセット
・「螭紋璧」ストラップ
・「翠玉白菜」消しゴム
・「魚兒牡丹」優雅な茶碗とコースター

C310112w

コースターの文字部分は印刷のようだが、草木は刺繍。

C310112x

九份老街にて購入

・台湾ビールのビールグラス
・印鑑

C310112y

印鑑は、5分でデキルヨって言うので作ってもらった。
男性ならこれってことで吉祥の文字が入ったデザイン。印材は黒檀だと言っていたが嘘だと思う。だって安すぎる気がしたから。(400圓……日本円で1,400~1,500円くらい)

パソコンで彫る印影をデザインして、機械にセット。レーザーであっという間に焼き付けて出来上がるのな。その工程を見せてくれるので、なんかちょっと良いもの見たという気持ちになる。
(印影は、もろに私の本名なので見せられない)

C310112z

免税店で購入
・パイナップルケーキ
・XO醤(桜蝦入、鮑入、帆立入)

パイナップルケーキは、台湾チャンピオンのメーカーだということで、コレを購入。
XO醤はその時の気分で買ったので、どういうものかはよくわからない。

|

« @麗しの島・台湾(2日目その1) | トップページ | @麗しの島・台湾(3日目その1) »

お菓子」カテゴリの記事

お食事」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68886/67611996

この記事へのトラックバック一覧です: @麗しの島・台湾(2日目その2):

« @麗しの島・台湾(2日目その1) | トップページ | @麗しの島・台湾(3日目その1) »