« KO駅弁2023(その6) | トップページ | 眼鏡のコーティングを剥がせ »

2023.01.22

KO駅弁2023(その7)

駅弁大会のつづき。

D050122

(16) どてみそかつ丼(名古屋)

基本的に、これまで食べたことがない駅弁を選んで買ってるつもりなのだが、この駅弁を食べる直前、急に脳の奥底から湧き上がる感覚があって、「あれ?」と思って検索してみたら、これ9年前に食ったことあったわ。(笑)

9年前に食べた弁当の味なんて全く覚えてないので、まぁ良し。

前回は「レンジアップすれば、これはもっと美味しかったかな」とか自分で書いてるので、今回はレンジアップしてみよう。

D050122b

2分程レンジアップしたら、アツアツになった。

うむ、普通に美味しいわ。(笑)
レンジアップによって、ドテ煮もしぐれ煮も柔らかくなっており、それをトンカツにまぶして食べると、マイルドで丁度いい。


D050122c

(17) うなぎ、金目鯛と銀鮭のあいのせ御膳(小田原)

まずは、輝くエンブレムが目を引くね。

D050122d

「2016 優秀賞」

ファベックス 総菜・べんとうグランプリって…こんなのあるのか。

ググると日本食糧新聞社主催ってなってる。
グランプリと言いながらも優勝を決めるわけではなく、一定基準に達すれば賞を貰えるみたいなので、日本版モンドセレクションみたいな感じなのかな。

D050122e

左から金目鯛煮付け、うなぎ蒲焼、銀鮭西京焼き。豪華だ。

1分程レンジアップしてみたら、蒲焼からか煮付けからかは分からないが、すごく良い香りが立ち上がった。

魚がそれぞれ美味しいのは当然(?)だが、中でも銀鮭の味が濃くて特に美味しい気がする。
下に敷いてあるご飯も何かしら工夫がしてあるようだし、その上に載ってる蓮根や錦糸玉子、広島菜漬も良い。

これは確かに優秀賞。いや、金賞あげてもいいのに。(笑)


まとめ

(1) こぼれいくら!ほたてちらし(稚内)
(2) 沼津 香まだい寿司(沼津)
(3) 赤福 白餅黒餅
(4) 仙臺 伊達政宗 武将弁当「銀鮭のはらこめし」
(5) 三河 徳川家康 武将弁当「うなぎと小鯛のちらし寿司」
(6) SL銀河 いわて鶏釜飯(一ノ関)
(7) さかなクンひっぱりだこ飯(西明石)
(8) JR貨物コンテナ弁当 明石の鯛めし編(西明石)
(9) そば屋の天むす(小渕沢)
(10) 鉄道開業150周年記念 九州巡り旅弁当(博多)
(11) 安芸 毛利元就 武将弁当「山海賊めし」
(12) 有田焼カレー
(13) 赤福ぜんざい
(14) ふたつ星一段重弁当(武雄温泉)
(15) ゲゲゲの鬼太郎丼(第11弾)(鳥取)
(16) どてみそかつ丼(名古屋)
(17) うなぎ、金目鯛と銀鮭のあいのせ御膳(小田原)

(3)と(13)は弁当ではないのでそれを除くと、3週間で15個か。食ったなー。(笑)


それでは、私の独断と偏見で選ぶカホーアワードの発表ッス!(笑)

D050107h

👑Kahou Award 「沼津 香まだい寿司」

見た目も美味しそうだったし、食べてもどうして?と思うくらい美味しかった。
付属した本物の生山葵ばかりが目につくが、それ以外の見えないところの味付けが効果的なのだ。
これはまた買いたいねぇ。

調べるとこのお弁当は季節限定で、6月~9月の間は販売休止中との事。
沼津には過去何回か行ったが、そういえば行ったのはいつも6月。
だから存在を知らなかったのか。

D050122f

記念撮影。

今期食った駅弁の掛け紙の全て。

特にコレクションの趣味は無いので、この後すぐ捨てる。

|

« KO駅弁2023(その6) | トップページ | 眼鏡のコーティングを剥がせ »

お食事」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事