カテゴリー「お食事」の570件の記事

2018.01.28

米でも炊くか

C300128

今日の結論:炊飯器すごい。


何となく気が向いて、先日買った「SL釜めし」の釜で、米を炊いてみようかと思う。

この釜…「峠の釜めし」の釜での炊き方は、販売元である「おぎのや」さんのHPに掲載があったので、それに沿ってやってみたい。

続きを読む "米でも炊くか"

| | トラックバック (0)

2018.01.27

2022第4章

C300127

宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち
第4章天命篇


特別興行、舞台挨拶ライブビューイングありの回で見る。
料金はちょっとお高めの2000円。

ライブビューイングを見て思ったが、あれって本当に生中継なのだろうか…(笑)
なんだか実感なかったなー。場内全く盛り上がらなかったし。

しっかし、声優陣、スリーピーススーツでがっつり決めるというのは、何かのルールなのかねぇ?

続きを読む "2022第4章"

| | トラックバック (0)

2018.01.21

KO駅弁2018(その8)

C300121i

13個目 カジキソースカツ丼(いわき)

輸送駅弁のコーナーに並んでいる時、チラシをじっくり見ていて良さそうだなと思って、探して一個購入。

続きを読む "KO駅弁2018(その8)"

| | トラックバック (0)

KO駅弁2018(その7)

C300121

11個目 松坂名物黒毛和牛モー太郎弁当(松坂)
有名だけど、実は初めて買うモー太郎ッス。

続きを読む "KO駅弁2018(その7)"

| | トラックバック (0)

2018.01.20

KO駅弁2018(その6)

C300120e

後半戦で持ち帰った弁当

・にしんおやこ弁当
・ひつまぶし弁当
・黒毛和牛モー太郎弁当
・うなぎとちりめんごはん
・SL峠の釜めし
・カジキソースカツ丼

鰻が被ってますな。

続きを読む "KO駅弁2018(その6)"

| | トラックバック (0)

2018.01.14

KO駅弁2018(その4)

C300114j

6個目 牛と穴子の重ね重ねありがとう弁当(姫路)

創業130周年記念弁当とな。
最近流行ってるのかね?昨日の「うに発いくら行」もそうだったが、2種類の弁当を1つにしちゃうていうの。

牛の弁当と穴子の弁当というW弁当。

続きを読む "KO駅弁2018(その4)"

| | トラックバック (0)

KO駅弁2018(その3)

C300114

通番4個目 ながさき鯨カツ弁当×望龍碗(長崎)

鯨カツ弁当が坂本龍馬がオキニだったという蓋付飯碗「望龍碗」のレプリカに盛り付けてあるというもの。

これか。→下関市立歴史博物館 常設展示(ページ上から3分の2くらいのところ、「幕末維新の下関」に小さく写真の掲載あり)

続きを読む "KO駅弁2018(その3)"

| | トラックバック (0)

2018.01.13

KO駅弁2018(その2)

C300113g

買った弁当が重かったので、さっさと帰宅。

・ながさき鯨カツ弁当×望龍碗
・牛と穴子の重ね重ねありがとう弁当
・トンかつ弁当
・うに発いくら行
・呉左衛門鮓鯖
・ドラえもん有田焼カレー

続きを読む "KO駅弁2018(その2)"

| | トラックバック (0)

KO駅弁2018(その1)

C300113

前略、京王新宿店の駅弁大会に行く。
ほぼ毎年のルーティーンである。

まずは基本情報。
始まって最初の土曜で天候は晴れ。
JR新宿駅の中央西口(小田急線の下をくぐって京王線の乗換改札の横の方ね)から出て、すぐエレベーターの待機列に並ぶが、ここはそれほどの待ち時間は無く、会場入りはスムーズ。
京王百貨店の開店時間は午前10時。私が会場に到着したのは午前10時10分頃だったが、既に鬼混雑だった。
輸送駅弁のコーナーの列の最後尾は、6階の会場からひとつ階段上の7階の廊下の奥だった。待ち時間は30~40分待ちの案内。
計測してみると実際は約20分だった。この時間帯に来る人たちって、目当てのものがあって、ゲットしたらチャッチャカ出ていくので、意外と回転速いのよね。

続きを読む "KO駅弁2018(その1)"

| | トラックバック (0)

2017.11.26

JR東 お客様感謝祭

C291125

入り口近く、「のもの」の出展の前に置かれていたあいつのぬいぐるみ。
至近距離から見下ろして撮ると、どうしても頭がデカくなるな…。


JR東日本30周年記念でやってる物販飲食イベント、「JR東日本お客様感謝祭」を見に行く。

先週に続いて、またサンシャインシティだ。わざわざ場所借りてやるんだ…と思ったが、よくよく考えたら、駅舎内とか系列店のスペースでは、たくさんの人が滞留するようなイベントって難しいのかも知れないね。

続きを読む "JR東 お客様感謝祭"

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧